化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

病院について


検査を受ける場合、化学物質過敏症やシックハウスの専門の外来があるところを選ぶ必要があります。 残念ながら専門の外来のある病院はまだ数が少なく、その半面患者は増える一方なので、予約も取りづらいのが現状です。

なぜ専門病院でなければいけないのか

化学物質過敏症の診断には、主に自律神経の活動を調べる特殊な診察を行います。特殊な医療器材のため、一般ののアレルギー科では設置されていません。また患者への専門的なアドバイスが必要になりますが、一般の病院ではその知識のある医師がいません。

シックハウス症候群は認定されて間もない病気で、化学物質過敏症は国から病気と認定されていないので、専門的に学んだ医師が少ないのが現状です。

専門病院であれば、一般病院では得られない対処方法もアドバイスしてもらますし、化学物質過敏症を理解してくれる人がいるということが精神的な支えにもなります。

一般の病院では

目やのどの痛みなど、症状を押さえる薬をもらう程度なら一般病院でも大丈夫です。最近は化学物質過敏症の理解があり、症状を緩和できそうな薬を処方してくれる医師もいます。(専門的なアドバイスは期待出来ないですが…)

現在の症状が化学物質以外の病気である可能性もあるので、検査を受けること自体は無駄にはならないです。ただ、未だに化学物質過敏症を理解していない医師も多くいます。

専門病院での治療について

化学物質過敏症には、今のところ特効薬なるものはありません。

病院で行う主なこと  
・ 原因を知ること
・ 自分の症状のレベルを知る
・ 専門医のアドバイスを受ける

病院や医師により、治療方針は大きく異なります。また、専門病院でも原因の特定まで行わないケースが多くあります。理由は、原因が特定されても、されなくても治療方針が変わらないからです。しかも特殊な検査のため、特定する場合は検査費が高額になりがちです。

高額な治療費

化学物質過敏症はまだ国から正式に認められた病気ではないため、保険がききません。 そのため治療費が高額になってしまいます。

治療を始める前に

化学物質過敏症の治療は、症状の原因が化学物質以外に無いことが前提です。

例えば頭痛や胸の痛みの場合、化学物質以外に原因がある可能性も考えられます。その場合、化学物質過敏症のみの治療をすると、本来の病巣を見過ごして手遅れになってしまう可能性も出てしまいます。

化学物質以外の原因が少しでも考えられる場合は、化学物質過敏症の治療の前にそちらの検査を薦められます。

直すのは自分自身

重度の症状の患者には、酸素療法など専門の治療があります。これも症状を緩和するためのものなので、原因を排除しない限り改善はされません。
医師のアドバイスを元に、自分自身で生活環境を見直していくことが最大の治療ということです。


病院への個人的感想

かなり重度で日常生活が困難なケースでない限り、自分はあまり病院の必要性を感じませんでした。改善へのアドバイスが基本のため、普段から実行をしている人には、ありがたみが少ないと言えます。教えてもらう内容も、ほとんど知っている事ばかりでした。

自律神経の活動の測定は難しく、医師が言うには 「化学物質過敏症の可能性はあるけれど、はっきりと断定まではできない・・・」 こういう患者さんが圧倒的に多いそうです。    

医師に頼る場合は、自分で行う改善方法が正しいかどうか不安のある人や、重度の症状の人でない場合、検査して話を聞いて終わり・・・と言うことになってしまいます。  

例えば、タバコや香水がダメでひどい症状の出る人は、検査中に症状が出ていない場合、測定結果には現れにくいです。たとえ検査結果で化学物質過敏症とはっきり断定されても、原因を避ける以外に改善の方法がありませんので、たいした意味にはなりません。せいぜいビタミン剤を処方されるくらいです。  

病院は1つの手段として考え、頼り切らないで自力で直すものと考えた方が良いと思います。もちろん相談すれば、専門的にアドバイスしてくれるので、損はありません。症状の重い人には、酸素療法や点滴療法などの治療もできます。ただ、病院に行くまでの手間や、保健が効かないため高額な診察費などを考えると、気軽に 利用出来るとは言い難いのが現状です。


化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく


ページのトップへ戻る